【レビュー】Surfaceシリーズに最適なMicrosoft純正マウス「Microsoft Arc Mouse(アークマウス)」

Surface Laptopを購入したついでにMicrosoft純正のマウス「Arc Mouse」を購入したので、レビューします。Arc MouseはSurface GoやSurface Laptop 3、Surface Pro7 、Surface Pro X等のSurfaceシリーズのパソコンに最適なマウスです。

まずは結論から(忙しい方はここだけ読めばOK)

Good!

  • 使用しないときは薄型になるため、持ち運びに便利!かさばらない
  • Surfaceとの接続はシームレス。初期設定も簡単
  • 高級感のある見た目
  • BlueLED採用で誤認識率は低い
  • ページ送りはマウスのクリック部をなぞるだけ。感度良し
  • PC側で電池残量も表示される

Bad!

  • クリック音が安っぽく、音もうるさい
  • 横方向のスライドにやや引っかかりがあり、ポインターの移動、微調整に少し難あり
  • 標準マウスと比較し、値段は高い(税込8,000円超え)

開封レビュー

そでは開封していきましょう。

 

最近の箱はしっかりと作られており、開封の楽しさがありますね。

裏面の説明

 

このArc Mouse(アークマウス)は電池式を採用していますが、電源ボタンがありません。そう、このマウスは平ら状態では電源がオフになっていて、折り曲げると電源がONになるというちょっと変わったマウスなのです

 
マウスを利用し始めるために、電源をONにするか、折り曲げるか。利用開始までのステップは変わりません。皆さんはどうお考えですか?

通常時は平らな状態

では、開封してみます。

 

Arc Mouse(アークマウス) が出てきました。通常時はこのような平らな形状をしています。

 
(なんか、ゾウリムシみたい・・と思うのは私だけ!?)

 

マウスを取ると仕切り板があって・・・

 

それを取ると、説明書が出てきます。あとは、底板のみ。シンプルです。

PCとの接続

それではPCと接続してみます。

パソコンとペアリングするまでの初期設定操作は全部で5ステップ

 

最近の説明書は複数言語に対応していますね。もちろん日本語対応。

 
(といってもこのページに日本語はないので多言語にする意味ある?・・)

 

電池の横にあるいつものアレ(なんて言うんでしょう)を抜いて、折り曲げたら電源ONになります。裏面のBluetoothボタンを3秒以上押下すると、隣のLEDライトが点滅し、接続のためのスタンバイモードになります。

 

Bluetoothボタンは裏面の右上にある。

 

Bluetoothボタンを長押しするとLEDが点滅します。マウスの読み取りと併用しているようです。

 

ペアリング中はこのように本体の表面の中央部にあるLEDランプが白色で点灯します。

 

スタンバイモードにしたら、説明書の通り、Windows10のスタートメニューから[設定]→[デバイス]→[Bluetooth]の順に開いて、[Arc Mouse] が出てくるまでまって、文字が出たら選択すればペアリングが完了します。

Windows10側をクイックペアリング設定済みであれば、もっと接続は簡単

 

上記のように、 Arc Mouse(アークマウス) 側の電源をON、つまり、マウスを折り曲げて、クリック操作をすると、PC画面に自動的に上記のような通知が出ます。「はい」を押して操作を進めていくと簡単に接続が可能です。このあたりはMacやiPhone等のAppleでも同じ操作になっており、意識した設計になっています。

 

接続を完了すると、上記の画面に。電池残量も表示されるのがよいですね。

Arc Mouse(アークマウス) は電池式を採用

 

駆動方式は電池交換式。単4電池2本で動作します。

 
(上の写真は本体裏面の裏蓋を取ったところ)

大きさ・重さ

本体の大きさや重さを見ていきます。

重さ

 

まず、重さは84g(電池込み)でした。

大きさ

 

iPhoneXSを横に並べてみました。二回りくらい小さいサイズですね。

 

操作感はいかに

それでは、肝心の操作についてです。

 

先ほどの通り、 Arc Mouse(アークマウス) を折り曲げれば電源ONになり、PCとの接続も自動でペアリングされるため、すぐに利用開始できます。マウスは右クリック、左クリックにもちろん対応。上の写真の上半分のゴムの部分の左側が左クリック、右側が右クリックになっています。左右は物理的にセパレートされていません。このあたりが、高級感に繋がるのですね。

 

ページ送りはというと・・通常のマウスには真ん中に縦方向にスクロールできる物理キーが付いていますが、この Arc Mouse(アークマウス) にはそのロールがありません。操作するにはノートPCのマウスパッドと同じように、中指でスクロールするようゴムの部分を縦方向になぞるだけ。この操作には驚きでした。

ただ、一度慣れてしまえば、簡単に操作できます。

クリック音が安っぽいのがマイナスポイント

この Arc Mouse(アークマウス) の唯一の難点はクリック音が安っぽくて、音も大きいと言うことです。動画を撮ってみたので、ご紹介です。(Youtubeリンク)

 

価格は8 ,000円(税込)越え

価格はというと・・高いですね。ワイヤレスタイプの標準マウスは3000円前後から入手できると考えると高い部類には入ります。

created by Rinker
マイクロソフト
¥8,355 (2020/10/28 15:51:31時点 Amazon調べ-詳細)

Surfaceを購入したら一緒に買いたいアクセサリーリスト

商品名 商品説明 参考リンク
Surface用スタイラスペン Microsoft純正のSurface用タッチペン 商品レビュー記事

Amazonでチェックする

Surfaceキーボード Surface専用のキーボード兼タイプカバー(Surface Pro/Surface Go) Amazonでチェックする(Surface Pro用)

Amazonでチェックする(Surface Go用)

Surface純正マウス(Arc Mouse) Microsoft純正のマウス 商品レビュー記事

Amazonでチェックする

Surface液晶保護フィルム Surfaceの液晶画面を保護するシート Amazonでチェックする(Surface Pro用)

Amazonでチェックする(Surface Go用)

Surfaceキーボード用保護シート Surfaceのタイピングキーを保護するシート Amazonでチェックする(Surface Pro用)
Surface向けキャリングケース Surface向けに作られた持ち運び用のケース 商品レビュー記事(Surface Laptop用)

Amazonでチェックする(Surface Pro用)

Amazonでチェックする(Surface Go用)

Amazonでチェックする(Surface Laptop用)

 

最新情報をチェックしよう!