【悩む】まもなく出るぞ!SONY a7SIII。購入資金を確保するなら、GH5やa7iiiを売るべきなのか。[内容更新]

海外でSONYから公式発表があったため、内容更新しました

今や今かと発売が待ち望まれていたSONYの新作ミラーレス一眼レフ-a7SIIIに関する噂がネット界隈で多く出始めており、まもなく発売されるとのことで、今とてもホットな話題になっています。(キャッチ画像は現行モデルのa7SIIです)

SONY公式でも発売が予告されました。
発表は日本時間で7/29の13時から。

ソニー製品情報・ソニーストア

α Movie Special Contents | αシステムが紡ぐ表現の真価。未だ見ぬ映像表現をこの手に。プロフェッ…

発売当初の価格は「35万~40万後半」だと言われています。

a7SIIIは現時点までにリークされた情報によると、現行モデル同様に高感度に優れた動画モンスター機と予想されており、そもそもがそういったポジションを確立している製品であるため、動画ユーザにとっては期待度も高く、めちゃくちゃ欲しい商品なんですが、いかんせん高い。

一眼レフで動画を撮るなら、GH5、GH5s、a7iiiが有名で、それらの機種やレンズを持っている人も多いはず。

かくいう私もそうなのですが、さて、a7SIIIを購入するための資金はどう用意するか、とても悩みます。

GH5やa7iiiを売るべきか、売るならどちらを売るべきか、そもそも売るべきではないのか、非常に悩みなのですが、私なりの考察をしてみたいと思います。

a7SIIIに関するスペック(内容更新)

海外公式発表による情報です。出典:DPREVIEW

  • 新型の12MP裏面照射型センサー BionzXR
  • 像面位相差AF(759点)
  • ボディ5軸手ぶれ補正
  • 静止画・動画瞳AF搭載
  • 4K/60p 4:2:2 10bit内部記録 クロップなし(最大4K/120p時のクロップは1.1倍)
  • 4K 16bit RAW HDMI外部出力
  • 動画記録制限なし
  • フルHDは最大180~240fps
  • 新しいパッシブクーリングシステム(冷却)
  • ダブルカードスロット(SDカード、CFexpress Type A両対応)
  • 拡張時最高ISO感度は409600(動画)
  • ダイナミックレンジ:15EV
  • S-log3(ベースISO感度160)
  • バリアングルモニター
  • 944万ドットのEVF
  • 新メニューUI
  • 発売は9月末予定

特筆点は4K60p制限なし(最大120p)、バリアングルモニター、944万ドットEVF、高感度といったところでしょう。まさしく、動画モンスター機に相応しい製品ですね。

GH5、a7iiiそれぞれの特徴とは(メリット・デメリット)

新機種の一眼レフカメラを購入する場合、スマホと同じように今使っている既存のカメラを売って、新製品を購入資金に充てて購入するというのが一般的です。

お金持ちなら別ですけどね。

私はGH5とa7iiiを持っているのですが、さて悩みました。a7SIIIは是非とも購入したいのですが、その購入資金に充てる既存のカメラをどうするか、という悩みにはまってしまいました。

GH5は4K60pに対応。写真も動画もオールラウンダーだがセンサーサイズがネックで高感度に弱い

GH5はa7シリーズが4K/30pまでしか対応していない中、フルサイズセンサーではなく、それよりも小さなマイクロフォーサーズレンズの特性を生かして、すでに4K/60pに対応した、写真も撮れる動画専用機として名高い機種です。さらにバリアングル液晶も搭載。

V-log撮影でもISO感度は400から撮影できますし、ピクチャープロファイルのCinelike-D/Vが織りなす柔らかい映像がとても好きです。

また、m4/3センサーになるためレンズもフルサイズのa7iii等と比べ、コンパクト軽量になるため、外出時にかさばらないという大きなメリットもあります。

ただ、センサーサイズが小さいため、高感度には弱く、夜景撮影は苦手。

後継機種のGH5sであれば、それも解消されるのですが、そのほかAFがコントラストAFのみのため、ウォブリングと言われるAFの迷いが発生することも多く、感度とAFが苦手な機種です。

また、電池持ちが悪い、悪すぎる。

なお、もし現在GH5を売りに出した場合、買い取り価格は10万円程度になります。

a7iiiとa7SIIIはレンズは同じEマウントになるため、GH5を手放す場合は同様にm4/3レンズも手放すことになるため、やや購入資金を増やせるというメリットがあります。

a7iiiも写真動画撮影がこなせるタフ機。フルサイズで高感度とAFに強いが、4Kは30pまで。動画制限もあり。

a7iiiはGH5と同様、写真も動画も撮影できる頼れる存在。

フルサイズのためレンズが高いし重いし、というデメリットはありますが、その分高感度に強く夜景でも比較的感度を上げずに撮影ができます。

AFも像面位相差AF、瞳AFを搭載しており、多少画質を犠牲にしているものの、しっかりとピントが合うし、ピントの迷いも少ない。

電池持ちも良いです。

一方、デメリットは4Kが30pまでしか対応していないこと。また、EVFもコストカットしており、やや見にくい。

バリアングル液晶は搭載しておらず、動画撮影時間も最大30分未満と制限があります。(そんな長尺は撮らないのでデメリットとは感じていませんが・・)

あとは、ピクチャープロファイルはPP10を多用しますが、やはりGH5が出す映像美には敵わない。

SlogもISO800からで、4:2:0 8bit内部記録なので、LUTにも弱くて扱いにくい。

まさに帯に短し、たすきに長し。

ちなみに、a7iiiを今売りに出すと、買い取り価格は約15万円というところ。

売るべきはGH5?a7iii?両方?

まぁ両方売るってことはないですね。さすがに。

GH5との比較

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥228,000 (2020/08/04 14:19:49時点 Amazon調べ-詳細)

まず、整理すると、動画性能としてはa7SIIIはGH5に肉薄してきました。4K/60p撮影が可能で、制限もなし。

4:2:2 10bit内部記録ならGH5と同等です。(GH5の内部記録は4:2:2 10bitまで可能。ただし30fps時)

log撮影時の最低ISO感度が160というのはGH5を越えてきてます。

またEVFやバリアングルというもGH5と同様です。

電池持ちもおそらくa7iiiで培った技術があるので、問題ないでしょう。

現行のa7SiiはAFがコントラストAFのみです。GH5と同じ。

ですので、a7SIIIもa7iiiと同じように像面位相差AFを搭載したら、GH5を買い換えてもいいかなと思っています。

ただ、センサーは12MPなので、やや写真としては足らないかなという印象です。a7iiiを残すなら問題なしですが。

また、GH5の映像美、取り回しの良さ(マイクロフォーサーズレンズ)は泣く泣く手放すことになりますね・・

a7iiiとの比較

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥232,327 (2020/08/04 05:33:53時点 Amazon調べ-詳細)

a7SIIIもa7iiiも同じフルサイズセンサーで、違いは画素数。写真にも使えるのはa7iiiですね。

他にはEVFのドット数の違いやバリアングル液晶の有無、動画としては4K撮影時の30p、60pとの違い、内部記録時のbit数、動画撮影時間の制限あたりでしょうか。

さて、明らかにa7SIIIの方がa7iiiよりもスペックは上。唯一センサーの画素数がa7SIIIの方が低い。

あまりa7iiiであり続けるメリットがないため、a7iiiを手放してa7SIIIにアップデートする、という単純な解もあるのですが・・・

そうなるとa7SIIIは写真機としては使えないかなぁ・・という点が唯一デメリットになります。うーん悩ましいです。

結論が出ないが、それも楽しい悩み

ここまで整理すると、以下になります。

  • GH5→a7SIII
    • 動画性能がGH5に追いつくから、買い換えればいいじゃんという考え。
    • a7iiiとa7SIIIの2台持ち運用ということになる。レンズ資産も共有可能。
    • a7iiiは写真機、a7SIIIは動画機という使い方
  • a7iii→a7SIII
    • フルサイズの動画性能のスペックアップと捉え、買い換えるという考え
    • a7SIIIとGH5を併用するパターン。それぞれの特徴を生かしながら同じ動画性能を持って運用できる
    • GH5は写真も可能な動画機(マニュアル向け)、a7SIIIはAFと高感度に強い動画専用機という使い分け(a7SIIIがGH5sと同様の位置づけになります。)
    • 嫁に買い換えがバレない!

どちらも幸せになれます。

どちらの運用もアリです。

さぁ困った。

結論は現時点出ませんが、今後明らかになるスペックを見て、悩み抜こうと思います。笑

最新情報をチェックしよう!