3/13発売予定!SONYからフルサイズ一眼レフ向け広角単焦点レンズ「FE 20mm F1.8 G(SEL20F18G)」が発表されました

 
希望小売価格は128,180円+税 。ちょっと高いです。

SONYからFEシリーズの単焦点レンズ「FE 20mm F1.8 G(SEL20F18G)」が発表されました。2020/3/13発売予定となっています。詳細スペックは後日掲載するとして、私なりの感想を書きたいと思います。

20mmという画角

フルサイズで20mm、APS-C利用だと1.5倍なので35mm換算で30mmということになります。超広角まではいかないまでも、十分広い画角で撮影できそうです。

ただ、SONYにはGMasterレンズで24mm(FE 24mm F1.4)で単焦点の素晴らしいレンズラインナップもあり、私はこちらを使っていますが、24mmのレンズと比べ今回の20mm単焦点レンズとのこの4mmの画角差がどの程度差として現れるかなぁというところです。

 

FE24mm F1.4 GM( SEL24F14GM)

広角での数mmの違いはかなり画角差の印象が大きいと言われますが、通常撮影で24mmが狭いと思ったことはないのですが、もうちょっと広ければ、というシーンはないとは言えず、20mmもあっても良いかも、と思う次第です。

 
人間って欲張り。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥173,035 (2020/08/04 17:27:10時点 Amazon調べ-詳細)

レンズ操作はGシリーズ、GMシリーズ譲りでGood

 

まず、フォーカスリング。おそらくフォーカスリングはGシリーズ、GMシリーズ同様、非常になめらかに回すことができるリングになっていると思われます。また、フォーカスホールドボタンが付いているのはいいですね。これは純正レンズならでは。

a7iiiなどの本体側でこのボタンにある程度自由に個別に設定を割り当てることができるため、マニュアルフォーカス時のAF合わせであったり、瞳AFを利かせる、ビューファインダーのON/OFFを操作する、などの操作ができるようになります。

絞りリングもマニュアルで設定できるようなっており、クリック切り替えスイッチも付いているので、目盛り通りにF値をコントロールすることもできれば、マニュアル操作でF値を動かすこともできます。

F値1.8の明るいレンズ

単焦点ならではの明るいレンズでF1.8というF値設定は使いやすいと思います。一方で、先ほどの通り、「FE24mm F1.4 GM」というこれよりも明るく、高性能なレンズが存在するという点を考えると、普通に良いものの、非常に購買欲をそそられるか、というとそうではないかなぁという印象を受けました。

とはいえ、GMよりはややコストが抑えられているのと、決して悪くない、使いやすいF値(F1.4では明るすぎるケースもある)である点を考慮すると、24mmのGMをもっていない人にとっては「買い」だと思います。それだけGレンズって良い製品ですから。

重さも24mmGMは公称値445gに対し、20mm F1.8 Gは373gなので、こちらのSEL20F18Gのほうが、軽いです。

ベストなのはAPS-C機?

この製品がベストなのは、意外とa6600などのAPS-C機かも?と思っています。APS-C機だと35mm換算で30mmという画角になるので、これまた使いやすい画角です。普段使い、スナップにはちょうど良い画角になるのかなぁと思います。

動画としての20mm Gレンズ

動画としてこのレンズを使用する場合、気になるのはアクチュエーター(レンズを駆動させるモータ)の種類です。動画撮影の場合でオートフォーカス(AF)で撮影する場合、非常に重要なのはモータ音です。

レンズのフォーカスが動くたびにモーター音が鳴っていては、仮に外付けマイクだったとしてもかなりの音をカメラのマイクで拾います。

今回の「FE20mm F1.8 G」レンズに採用されているのは最新の「XDリニアモーター」。SONYのホームページによると、

従来のリニアモーターの構成部品やレイアウトなどを徹底的に見直し、構造を刷新することで推力効率を高め、大幅な高推力化を実現しています。これにより、従来のリニアモーターでは難しかった大口径フォーカスレンズ群の高速・高精度かつ静粛な駆動を可能にしています。

αレンズのテクノロジー & レンズに関する基礎知識

ということで、今回比較する「FE24mm F1.4 GM」に採用されている「ダイレクトドライブSSM(DDSSM)」とどの程度の違いがあるのか、非常に気になります。

ちなみに、「FE24mm F1.4 GM」でも動画撮影時のフォーカス音はまったく気にならないレベルなので、こちらの製品でも大丈夫だと思っています。(動画用途で購入予定の方は価格も高いので、実機で確認してからの購入がお勧めです)

悩ましい価格差

FE24mm F1.4 GMの現在の価格は価格.comで「16万円(税込)」が最安です。今回のFE20mm F1.8 Gの価格は初期は14万(税込)とのことなので、価格差は2万円程度しかありません。

この価格は悩ましいですね。ただ、どちらも所有していないという前提とすると、おそらく私ならばより高性能な24mmのGMレンズを買うとは思います。24mmのレンズ、非常に写りの良いレンズで高評価を得ており、使いやすい製品です。

最新情報をチェックしよう!